アイスクリームと獅子

アイスクリームと獅子

lionなのはわかっているよ

神様に会いに行くように

気分の変動が激しい。

それは迫りくる就活に対する不安のせいかもしれないし、忌まわしき女性ホルモンのせいなのかもしれない。

いや、もしかしたら、全くそれらのせいではなくて、ただただ得体の知れない不吉な塊のせいなのかもしれない。


ともかくも、私はこれから、自分の気分の変動とともに生きる道を探さなければならないのだろうな。
そう思いながらここ最近は過ごしている。
目標が立たないのもこのせいである。


言いたいことが尽きた。



否。
書きたいことはたくさんあったのだ。


だけどそれらの雑多な考え事や思考のかけらは、時間の波とやらに押し流されて何処かへ行ってしまった。


でも本当は、多分私なんかが書くようなことじゃないんだ。たいていのことはもう、誰かが言ってる。


結局私が言いたいことは、andymoriを引用してしまえば事足りてしまう。

ずっとずっと思ってたことが
考えるのをやめたせいで
わからなくなっちゃった
それでいいと諦めた

「空は藍色」

Sunrise & Sunset 欲しいものは尽きない
Sunrise & Sunset 悲しみは消えない

「Sunrise & Sunset」


それでいいと諦めてる。
「諦めてる」と書くことによって、諦めたことにしている。諦めたことにしたいのだ。


正直これ以上生きなくていい。
明日、いや今すぐ死んでもなんの後悔もない。
でも自分から死ぬ勇気はないので、仕方なく生きてる。
仕方なく生きてるわけだから、楽しくなったらラッキーで、楽しくなくても普通なはずなんだ。

どうしたいもこうしたいもない。
10年後私がどうなってるかなんて、今の私が決められることではない。
その時その時の出会いとかタイミングとかバランスとかで、自分がベストと思う選択をその都度していくだけだ。


あとは勝手にかみさまが決める。