アイスクリームと獅子

アイスクリームと獅子

lionなのはわかっているよ

未来を語る人間は輝く

村本大輔の大大大演説に行った。


東京国際フォーラムホールC、1500人のキャパシティのお笑いライブ、一階8列。



前回行った時andymoriの革命流してたけど、また今回もエンディングが良い。
My hair is bad の熱狂を終え。

「当たらない方を願うなんて
なんか少し可哀想ね。」
確かにそうだね

今夜、
大正解を疑え
悟る経験に逆らえ
襲う冷静を破り去っていけ
僕ら永遠の途中で
青い年齢を呼び起こせ
忘れちゃいない 思い出せ
無くしちゃいない

ここだろうなぁ。もともと知ってる曲だったら、感動倍増だっただろうなぁ。

ってエンディングの話から始まるっていう。





しょっぱなから。
登場をやり直した2回目

なんで立たないの?
テイク3までやらすっていう。



みんな周りに見られたいように自分できぐるみきて、そのきぐるみの中で苦しくなってパニック起こしてるからこんなところに来てるんですよ
あ、私パニックになってるのか。って、なんか納得しちゃったよね。


やー
とにかくすごかった。
言葉にできない。圧巻とかそんな言葉が浮かんではなんか違う気がする。
すごいエンターテイメントだった。




伏線もあってそれを回収していく感じもお笑いだし。まいちゃんとか。福井の奇跡とか。
お笑いだしってなんだ。お笑い見に行ったんやろ。



村本さんの独演会ってなんか、カラオケみたいだなって思った。
どんどんどんどん乗ってきて、歌いたい曲が増えていく頃にはもう時間がきて、延長しますみたいな。


ステファンの話と、年配の方の話を聞こうの話が超笑った。
あと二宮金次郎
言ってることが正しいか正しくないかなんてどうでもいいんだな。
結局なにが言いたいのかがわかれば。



普通なんて言葉を言うのは恥ずかしい
ずっと言ってるけど、これからもずっと大声で叫んで欲しい言葉ナンバーワン。



みんな、人生楽しい?
から始まって未来を語る37歳の目が、とてつもなく輝いていて驚いた。
居ても立っても居られない。
と、ほんとに居ても立っても居られないように体を動かして、手を振り回してマイクを握って未来を、未来なのに、確信を持ったように語るその目が。

55歳になった時に、12万人を集めてライブする
未来のことが、まるで見えているかのように。
人のことは疑うけど自分の未来だけは疑わない



やー、
痺れた。


なにこの人って思った。
この最後の言葉を聞きに行ったのかもしれないとまで思った。

スタンディングオベーションの中村本さんが去っていったあと、体中が熱くなった。
涙出そうになった。


なんでかなぁ。






本当にアメリカに行ってしまうんだろうな。
そしたら簡単に村本さん見れなくなっちゃうからとても悲しい。

だけどそれと同じくらい、アメリカで絶対成功してほしいと思う。どん底の学生時代を送った1人の人間が夢を現実にする姿を見せてほしい。