アイスクリームと獅子

気にしないでください

5/25TSUTAYA O-nest キャンプファイヤー3 トリプルファイヤー/鎮座DOPENESS

トリプルファイヤーを、フロントマンのメロディのなさから、音楽じゃないと言う乱暴な人がいるけど、じゃあヒップホップはどうなるんだい、って話。
あれは吉田のフロウなんだと考えるとまさに音楽以外の何物でもないと私は思うんだな。
むしろ私は吉田の歌にはメロディがあるって思ってるんですけども。



昨日はSEXはダサいで、野球するやつもバカって歌ってて笑った。「も」ってなんだ「も」って笑。
ロックはもう終わってると歌ったその口で、「深いところでロックを舐めてる」と歌ったり「絶対野球選手になるために」って歌ったりするのがほんとすきなんですよね、説明下手か。結局「ごめんその時はそう思った〜」って言えるみたいな。
深いところでロックを舐めてる、は思ってないと言わないって言う曲なんだけど、じゃあお前もSEXはダサいで歌ってる内容、思ってないと言わないんなら思ってるんだよな?ってなるんですけど、全部わかってるところから見てる。全ての事実はうつりかわる。だからあの曲は=思ってなくても言うっていうことなんですよ。
まさに、見る角度によって事実は変わるって新曲で歌ってたように!ゴミはゴミじゃないっていう歌マジで面白かった。面白いのが不思議なんだよな、なんであんな面白いんだろ。

無意味=有意味っていう話なんですけどこれは。老荘的。実存的。
と思ってたらまじで吉田はニーチェから影響を受けてるというんだから私の感覚も捨てたもんではない。



追記。
人生を変える言葉に鎮座さんが乱入してラップした時の会場の盛り上がり、やばかった。