アイスクリームと獅子

ノーライフ、ノーエブリシン!

POP VIRUS

なぜこんなにも私は星野源の曲に、星野源その人に惹かれてしまうのだろう。
いろんな人が星野源はすごいと言う。星野源が好きだと言う。私もそう思うし私も彼が好きな人のうちの一人なのだろう。

でもなんだか悔しいのだ。
悔しい、というと語弊が。
彼のニューアルバムを買ってしまった時にものすごく敗北感があって、なんだろうこれって今も思ってる。

ぶっちゃけ、いつも彼の曲を初めて聴く時はいつも、曲の良し悪しは別として「あんまり好きじゃない」と思う。
恋然りドラえもん然り。
なのにいつの間にか好きになってる。

言葉の選び方が私のツボとはちょっと外れていて、引っかかってしまうんだけど、いつの間にかその曲の虜になっているのだ。悔しい。

音楽を聴くとき、後ろで鳴ってる楽器隊が心地よい曲が好きで、そのあと歌詞をみるんだけど、この歌詞の段階で星野源の曲は引っかかる。
でも楽器隊がよくて、特に彼の曲は踊れるものが多いので楽しくて聴いてしまう。
そのうちに歌詞が綺麗だということに気づく。
なんで最初から気づかないんだろうか。

何回も聴いてるうちに良さに気づく。
スルメ曲なんである。

最初は鼓膜をさらっと流れてゆく音楽の中に、J-POP特有の歌詞が引っかかる。
何度も聴いてるうちにそれ以外のところに目が(耳が?)ゆく。楽しい。よく見たら綺麗な言葉が散りばめられているじゃないか。

なるほど。
最初から気づけないことの悔しさなのかもしれない。

アルバムを買った時の感覚も、最初はあんまり気に入らないんだろうという段階を経てきっと気に入ってしまうのだろうという確信のちぐはぐさといったところか。


で、彼に惹かれてしまうのはきっと、楽曲の良し悪しをずっと超えたところに感じる「熱」なんだろうなと思う。
私は静かなる闘志、とも言えるようなものが好きだ。ガスバーナーの炎が青いように、熱は静かなものなのだ。
楽曲一つ一つに秘められている熱。

個人的な好き嫌いなどその熱の前にはなんの意味もなくなる。
彼が何度も言っている、「ポップウイルス」という言葉とそれが伝染してゆく様を曲に写し取ろうとするその熱が、まさにウイルスとして私に感染しているのかもしれない。

インタビューを読んでいても感じる。
自分がやっている音楽への愛。自分が滅んだ後も音楽は永遠に鳴り続けているはずだという確信。
化石のようにCDが発掘されて、という未来の想像をしたら泣きそうになったよ。何回私は彼に泣かされるんだ。肌を聴いて泣きそうになったし。勘弁。

最終的には人間だ。
誰と関わっていけるかだ。
ああ、私も誰かと一緒に一つのものに熱を傾けるような仕事がしたい。
芸術と人々を繋げるような仕事がしたいな。