アイスクリームと獅子

美しいものと美しくないもの

電車

これは本当の話なんだけど、さっき駅のホームで気分が悪そうな感じで座り込んでいる若い女の人がいて、駅員さんが電車が出発する合図をしながらその女の人を気にしてたんだよね。電車が出発してからその女の人の横にしゃがんでなにか話しているみたいだった。私は電車の中にいて、その様子を電車の窓から眺めてた。イヤホンからはめちゃめちゃ明るいポップスが流れてて、電車が発車して、どんどんその人から遠ざかっていくときに、泣きそうになっちゃって、(笑)うけるよね、なんでお前が泣きそうになってんだよって話なんだけど、駅員さんってああいうの結構見るんだろうなとか思ったらさ、どう思ってるんだろうって思ってさ、でも駅員さんって多分電車が好きな人が多いんじゃないのかなって思うからもう、私は駅員さんになるの無理だなって。うん。いやだってさ、好きな場所で毎日のように悲惨なことが起きてるんだよ。考えられなくない。無理でしょ。もうさ、電車もエレベーターみたいにさ、定員を超えたらブザー鳴る仕組みになればいいんだよ。そしたらあんな景色、見る必要なくなるじゃん。うん、そこなんだよね。みんな会社に遅れられないからね。もう全人類が優しくなるしか方法ないね。電車も全部椅子敷き詰めてさ、乗った人は誰も立てない。でももしそうなったら、人間は椅子の上の小さな隙間に立ったりするのかな。