アイスクリームと獅子

美しいものが好きです

no title

未だに


生きづらくてどうしようもないし
友達はできないし
ましてや恋人はできないし
いつまでもひとりだと思うし
死にたさは真理だし



だけどさ


生きづらさから自分を救うのは自分しかいないし
自分の周りに人が集まらないのは自分が努力していないからだし
いつまでもひとりでいることは自分が半分以上望んでいることだし
じゃあ本当に死にたいかって言われたらもう違うし



そうやって思えるようになったのは進歩なのかな
それともなんとなく逃げているだけなのかな
それがわかっているのに何にもしないなら何も変わっていないんじゃないのかな


結局うだうだ考えるだけ考えた末に何もしない言い訳を見つけているだけじゃん