アイスクリームと獅子

美しいものが好きです

3/26 TEEN’S MUSIC CAMPに行きました

3/26に行われたライブに、友人が出るので行ってきた。


私と年のさほど変わらない人たちが、自分たちの作った曲でライブをする。



比べるのは大変失礼だけど、私も高校の時一度だけライブハウスでライブをしたことがある。
それで、そういう雰囲気とか少し思い出したりもした。




私は、その舞台を観ていて、ほとんどずっと思っていたことがある。
私もそっち側に立ちたい。


単に、その舞台に立ちたいという意味ではない。音楽をしたいという意味でもない。
私は彼らのように、自分のことを表現する側にありたいと思ったのだ。


ライブ中、何度も何度も思った。
自分がそんなことを思っていることに驚いていた。

私は自分が表現をすることに対して非常に後ろ向きだった。
少し前までは。
自分がその立場に立つことは世の中にとって、表現の世界にとって害悪であるとさえ思っていた。




だからそんなことを思った自分は、前よりもずっと変わっていると思った。
それに気付かされた。





話は変わって友人の舞台を観ているときは、そういう思いはほとんどなくて、その音楽に吸い込まれるようだった。



友人だから観に行ったわけじゃない。彼女の奏でる音楽が好きだったから観に行った。
やっと生で聴けたことの感動と、曲の良さに泣きそうになりながら。




良い夜をありがとう。