アイスクリームと獅子

美しいものが好きです

classroom

教室というものはなぜあんなにも苦しかったのか。


中学の時はそこまででもなかった。校則を守る人の方が愛されていたからだ。



逆に言えば、高校が苦しかった理由は、校則なんてものを気にしない方が愛されたからなのか。


同じ制服を着させられて同じように狭い教室の中に入れられる。

でも、実は同じではない。その中で生徒たちはすこしでも個性を出そうとする。制服のリボンにピアスをつけ第二ボタンまで開けたその下に垂らす。
靴紐を自分の好きなものに付け替える。スカートを折ったり切ったりする。髪を巻く。
なるべく大きいサイズのカーディガンを着て、下に自分の好きな色のカーディガンを重ね着する。


それらが全て、周りの人間たちの評価をあげることにつながる。
私は夏にスカートを折っていたくらいで、その理由も暑いからで、ほかのことには興味ないどころか、心の中ではすこしバカにしていたと思う。


そんなに見た目に気を取られて、何になるんだ。


その気持ちは今でもある。
あるけど、別になんでもいいと思う。見た目が大事だと思うことは悪くないことだと思う。
高校時代は苦しかったけど、それは多分、私も周りの目を気にしていたからなんだと思う。



狭いところにいると、そこだけが正解だと思いがちだ。
そんなことはない、ほかの場所にいくとまるで違う文化がある。
信じられるのは自分だけだ。