アイスクリームと獅子

美しいものが好きです

映画ドラえもん 宝島 雑感

映画ドラえもん のび太の宝島観に行ってきたので雑感的感想を残しておく。
ネタバレしかしてない。












キャプテンノビータがかっこよすぎる。
船に乗って航海している時、海賊に襲われ、シルバーという敵のキャプテンを倒すキャプテンノビータ。かっこいい。狙撃の才はいつものごとく、剣の技術まである。


夢オチかな?と思ったら、出木杉くんが持ってる小説のあらすじの内容をききながらしていたのび太の妄想オチin空き地。
小説なんかじゃなくて、本当に宝島に行こうよ!と目をキラキラさせて言い、馬鹿にされるのび太


絶対見つけてやる!
見つけられなかったら?
鼻からカルボナーラを食べてやる!


……どっかで聞いたことあるなそれ。カルボナーラの方がより難易度高いぜ。
そしていつも通りドラえも〜〜ん!と叫びながら犬に吠えられ帰宅。



ドラえもんにまでそんなのあるわけないと呆れられ、「練習してくるよ」と俯き加減に部屋を出て行く。「なんの?」「鼻からカルボナーラ食べる練習。食べきってみせるよ!」と迫真の演技にドラえもん、騙されるw
泣きながら、「君にそんなことをさせるわけにはいかない!」って(笑)、かわいいなドラちゃん。


一ミリでもずれると反応しない宝の地図に一発で宝を当てるのび太。と同時にニュースで新たな島が発見されたと言う報道。さすが、細かいことは気にせずにさっさか冒険へと駒を進める展開。



ここまで、すごく絵が綺麗だなと思いながら見ていた。川の水の描写とかとても綺麗。空を見上げたのび太のメガネに映る空というディテールよ。
それからどうしてドラえもん、夏に公開しないの?時間設定めっちゃ夏なのに。



そしてしずかちゃん、ジャイアンスネ夫といつものメンツが船に乗って出発。
そういえば、いつも出木杉くんは入れてもらえないよね……。


宝島へ近づこうとすると、海賊たちに襲われる。
しずかちゃんがひらりマント、ドラえもんは空気砲、のび太は名刀電光丸、スネ夫は透明マント、ミニドラたちも応戦して次々と敵をやっつける。
ジャイアンジャイアンは、その辺にあった樽。ジャイアン強し。

ドラえもん映画の好きなところの1つがここ。ひみつ道具で戦うアクションシーン。もうこれは、立派なアクションシーンだよ。


そして、海賊たちがずらかるとともに、仲間と勘違いされたしずかちゃんが連れていかれてしまう。
なるほどね、しずかちゃんを取り戻すストーリーか。


しずかちゃんを追いかけてのび太くんは海の底へ。ドラえもん、いつものごとくこういう大事なときに道具が出ない。イカとかタコとかなんでポッケに入ってんだよw
力尽きて浮かんできたのび太ともう1人海に漂っていた少年を船に連れて帰る。



この少年、フロックの声がすごいイケボ。めっちゃ私好みの声。ツンツン突っぱねてジャイアンとすぐ言い争いになる。ジャイアンに加勢するだけのスネ夫笑う。


そしてフロック、宝島についての秘密をピアノをさわりながら語る。いちいちピアノジャーンってやるところにフロックの怒りを感じます。



そして一向が宝島へと向かう最中にピンチが。嵐がやってきた上に底から浸水。
ここでミニドラ大活躍。ミニドラすごいわ。可愛いしやるときやる子だわあの子たち。

自動操縦装置がやられてしまい、みんなで帆を張ることに。
のび太「そんなこと言われてもわかんないよ〜!」ですよねww

「お前たちやる気あるのか?!」とフロックジャイアンたちにキレる。ジャイアン「お前こそあんのか!?」「そうだそうだ!(スネ夫の小並感がすごいw)」と喧嘩し始める。
そこでのび太「こんな時に喧嘩してる場合じゃない。力を合わせればきっとできる」と正論。
するとジャイアンのび太のくせに生意気だ」と加勢。映画になるとキャラ変わるジャイアンかっこいいわー。

ミニドラたちも船の底を修繕してお互いグッジョブとかやってんの、めっちゃ頼もしいなこいつら!
この嵐のくだりのシーンすごく好きっす。


なんとかある島にたどり着いた一向、船ぶっ壊れてんのをフロックが直す。フロックのメカニック?の技術の高さよ。
ミニドラがタケコプターで浮きながら木材切ってんのなんか可愛くて和んだ。


その頃しずかちゃんは、そっくりのセーラにかくまってもらい、フレンチトーストを食べていた。
ドラえもんの食べ物の描写いいですよね。フレンチトースト美味しそうがすぎる。
治外法権だから大丈夫」(治外法権てw)と食堂でセーラと働く。


一向、船の速度は10倍になり、さらに風神うちわを使い猛スピードで宝島へ。
またも海賊たちに邪魔される。
ここのシーンのジャイアンスネ夫に泣かされる。なにあいつら、、、漢やな、、、、。
「ここは俺たちに任せとけ!父ちゃんに言ってやりたいことがあるんだろ!!」と二人でフロックにグッジョブポーズ。
なんやねん……あんなに言い争ってたくせに……くっそー。ドラえもんのいいところはこういうところですね全く!


通り抜けフープで中に入ろうとするも、「僕の時代にはない素材」でできているため入れず。そんな設定だったかそういや?
そこはフロックの技術により侵入。


食堂からコックのふりしたロボットが……。狙撃のび太のかっこよさな。
マリアさんがかっこいい。マリアさんありがたあああ!


その頃ジャイアンスネ夫もピンチ。スネ夫、いとこに教えてもらったって、コナンくんのハワイで親父に教わったを思い出しちゃったよ。
ここでキャプテンハットの伏線回収はなんとも気持ちいい。
なんか、こういう別行動してるシーンが多くて、その頃一方、みたいな感じで進んで行くから飽きがこなかったどころか、全然目が離せなかった。




のび太の名言。

大人は本当に間違わないの?!

魂の叫び。
そして最大のピンチ。ドラえもんがエネルギーの玉の中に入ってしまう。はぅあ!ドラえも〜〜〜〜ん!!!って心の中でさけんじゃったよ。
ドラえもんってなんか、すごいヒーロー感あるよね?責任感半端ない。機械だって涙を流して震えながら勇気を叫ぶだろ。そうなんだろ。星野源ドラえもんの歌詞の良さに改めて気づく。


僕が助けなきゃ。
これも毎度のことのようですが、泣ける。ドラえもんを助けに行くのはのび太。散らばっている道具を使って助けに行く。
足が震えているのがなんともリアルでいやもう!早くなんとかしろよ大泉洋!!!(違う)

観てる時はわからなかったんだけど、重力ペンキなんだね。なるほど。あのピンクのペンキなんの意味があるんだろとか思ってたわ。
死んでもドラえもんを助けに行くのび太の勇気よ。追いかけてくるしずかちゃんの強さよ。


真っ逆さまに落ちて行く3人。
えっどうなるの?と思ってたら、ミニドラ大活躍第2部。うちわで空飛ぶ船を演出。中でみんなして一生懸命漕いでる中で一人だけドラ叩いてるのなんでwなごんだ。


死んじゃったのか?
不謹慎ジャイアン


復活したドラえもんが宝島(すでに宝島ではない。もはや空飛ぶ城。ラピュタ。)に突っ込む。とそこからヒビが入る。
えっ!?通り抜けフープが通用しなかったのに!?スネ夫「最大のひみつ道具いしあたま!」じゃないよww


そのヒビのおかげで父と子の全面対決は一気に子に優勢に。
父から見た子が母に重なる演出に泣いた。
そして、子、勝利。

完璧なタイミングで流れる星野源の挿入歌。



フロック、腕を上げたな
当たり前だろ、パパの子供なんだから!




号泣。ぶわっ。
ちびっこに挟まれた席でわたくし、泣いておりました。えぇ。






主題歌星野源、脚本川村元気と聞いて、面白いだろそれはと直感で感じで観に行ったけど、やっぱり面白かった。
細かいツッコミどこたくさんあるけどそれも含めて面白いのがこういうアニメの良さだと思う。
映画のドラえもんは実は面白いから。まじで。とほんとに思う。
彼らの友情と勇気に圧倒されるから。
ドラえもんはアクションSF超大作だから。


あと、最後に水曜どうでしょうのオマージュ?あって笑った。
おしまい。