アイスクリームと獅子

美しいものが好きです

ぼおるぺん古事記

こうの史代さんの漫画、「ぼおるぺん古事記」について書きたい。



授業中に、先生がおススメとおっしゃっていて、とりあえず最初、一巻だけ買って読んだ。

先生がおすすめしていたから、という理由で、古事記のことをあんまり知らなかったし、勉強のようなつもりで読んだのに、これが思った以上に面白すぎて、全3巻買って読んでしまった。



ちなみにこうの史代さんは、ご存知「この世界の片隅に」の作者の方。



この漫画の何がいいかって、古事記の原文をそのまま使っているということ。
古事記はとても古い時代、まだ漢字しかなかった頃の書物なので、本文は漢字しかないけど、それを訓(よ)み下した文を使って、漫画が描かれている。



つまり、漫画を読んでいるだけで、古典が原文のまま理解できてしまうという!
古典というのは現代語とはまた違った美しさやリズムの良さ、響きの良さがある。それをそのまま味わうことができるというのは、とてつもなく贅沢なことだと思う。


「え?原文のままなの?難しそう」と思うことなかれ。
作者のこうの史代さんはあとがきでこう述べている。

漫画にはサイレントという絵のみで展開させる手法があるのです。文字を使わず意味を伝えられるのだから、古文がついたからって読めなくなる筈がないのです。


私はこのあとがきを読むまで、古典に馴染みの全くない人間にはこの漫画は難しいかもしれない、と思っていた。
なんて失礼なこと!
そうだ、絵があるんだから、古典なんか読めなくたって十分楽しむことができる。




何より私のような古典が好きな人間にはもちろん、古典なんか読んだこともない人にも、ぜひ読んでいただきたい。

古事記は日本最古の歴史書で、我々の祖先がどのようなことを思い、伝えんとしたかを知ることができる素晴らしいものだ、と私は思う。古事記に限らず全ての古典作品はそうだと思うけど。




なにより、古事記の内容が面白いのだ。

例えばイザナギという神様がいるのだけど、その神様が黄泉の国(死んだ者がいくところ)の使者に追われるシーン(その理由はぜひ読んで)。


イザナギは追ってくる相手らを撒くために、自分の髪につけている櫛を投げる。するとタケノコが生えて、相手らがそれを食べている間に逃げる。

とか。いや、さっきまですごい形相で追ってたのに、なに和やかにタケノコ食べてんねん(笑)みたいな。

これが日本最古?と疑う。
とてつもなく新鮮な表現に思えてくる。



その新鮮さがこうのさんのボールペンによる絵で、力強い動きとともに目の前に広がって、とてもワクワクする。次はどうなるの?次は?次は?って。



あと特筆しておきたいのが、歌のシーン。古事記の時代から和歌があることにもとてつもなくロマンを感じるけど、こうのさんは歌のシーンだけ、色をつけて描かれている。

歌。歌の世界にだけ色をつける。うまく言葉にできないけど、歌っていうのは古典の世界ではすごく大事なんです。そこに色をつけることで鮮やかさ、新鮮さ、美しさがさらに増す。

なんかありきたりな言い方になってしまったけど、うーん。いい表現を見つけたら書き直そう。



この三巻は、古事記の三分の一の内容なのだけど、こうのさんはあとがきで、続きも書くと宣言していらっしゃって、もうすでにワクワクしてしまった。
どれだけ時間がかかってもいいので読みたい。読みたいです。