アイスクリームと獅子

音楽・本・映画・徒然

andymoriの革命について書きたい

andymoriの革命という曲が良すぎるから書きたい。


この革命、聴けば聴くほど良さがようわかるスルメ曲だと思う。
とりあえず一度聞いて欲しい。

andymori "革命" - YouTube



革命の意味を辞書で引くとこうだ。

①被支配階級が支配階級を倒して国家権力を奪い取り、政治・経済などの社会構造を根本的に変革すること。
②物事が社会生活に重大な影響をもたらすほど急激に発展・変革すること。

andymoriを聴く人ならわかると思うが、私はこういう辞書の意味通りの革命を、彼らの革命には期待していた。
この革命の前にリリースされた「ファンファーレと熱狂」というアルバムでは反社会的なことをたくさん歌っていたから。

だが彼らが歌う革命は、まったくその姿が違う。

100回1000回10000回繰り返して
伝わらない届かない想いは
100日1000日10000日経った後で
きっと誰かの心に風を吹かせるんだ

随分と消極的な革命である。
ていうか、「急激」なものが革命であるならば、もはや革命じゃないのではないか。


まぁだから、最初に聴いた時には、よくわからんねってあんまり好きではなかった。


だけど今ではもうようわかる。最近というともうちょっと前だけど、なぜか急にこの「革命」を含むアルバムの曲たちが一気に、自分の中で輝き始めた。

この曲たちには、「ファンファーレと熱狂」とはまったく違う種類の熱狂があるということに気づいたとでも言おうか。


つまり小山田壮平はこう言いたいのではないかというようなことは私にはうまく言えないのだけど。


世界はそう簡単には変わらなくて、みんなも別に革命なんてことは望んでない。
不満や愚痴を言うけれど、別に本当に変化を求めているわけじゃない。
だって生きていけるし、自分は。
別に、普通に、生きていけるから。


だけどじゃあ、そうじゃない人はどうなるのか。
例えば私みたいな。
例えば小山田壮平のような。
例えば世界平和のことを毎日のように考えちゃったりなんかして、あいつ変だと指を指されるような人間は。



叫んでも叫んでも、相手にされない気持ちは。
誰にも理解されない気持ちは。
どうなるの。
壮平は、10000日、いや多分このリフレインは10000日じゃ足りないかもしれないという意味かもわからないが、その後で誰かの心に風を吹かせるのだと言う。


それは、革命なんだと。
10000日後のために叫ぶのだと。
革命を起こすんだと。