アイスクリームと獅子

音楽・本・映画・徒然

過保護のカホコ 第5話

過保護のカホコが私のツボを押しに押してきてしんどいので書きたい。

竹内涼真さんは今まで知らなかったんですけど、すごくいい演技をしますね、ほんと。
説得力のある演技をする。麦野初が何を感じているのかよく伝わってくる。

それとカホコのパパ役の時任三郎さん、とても好きなんです。海猿での演技を見てからとても。


ほんで何よりも脚本とストーリーの良さです。
ママとパパに守られて、1人じゃ何にもできないカホコが、いろいろとワケアリそうな麦野くんという男の子に出会い、変わっていく。
っていうめちゃくちゃありがち!ありがちなストーリー!
なのになんでこんなに面白いんだ!!

それはセリフがいちいち良かったり、キャラクターの表情や俳優さんの演技の良さ、みたいなものが全部バランスが良いからなんじゃないかなと思う。

で、先日の5話では、麦野くんのワケアリの、ワケについてようやく触れられました。
カホコは何にもわからず、ずばずばと人のデリケートな部分を突っ込んでいく。
だけどそこには何の悪気もない。ただただまっすぐ、「どうして?」「私が何かしてあげられることは?」という気持ちだけ。

大事に持っていたもう使えない絵の具を、麦野くんが川に投げ、母親に対する投げやりでやりきれない思いを吐露すると、カホコは川の中に服のまま入っていき、絵の具を探す。

私、こんなの初めて。みんなに仲良くしてほしいのに幸せになってほしいのに、何にもしてあげられないのが悔しいの。それって私が過保護だから?だったら、自分が過保護なのが本当に嫌になる。

胸にくるものがあった。自分のダメさに気づいて、塞ぎこむんじゃなくて、それがどれだけばかげていることだとしても行動するカホコ。

それを見て麦野くんこそ感じたのではないでしょうか。
「おれ、こんなのはじめて」
と。
自分のためにまっすぐに行動されていること。親に捨てられ施設に預けられた彼にとってそれは、受け入れ難くも、嬉しいことだったんじゃないかなぁ。

変わっていくのはカホコだけじゃなくて、麦野くんも、なんだね。
すごくテンプレ的な作品なのに、こんなにも胸を打たれる。

というしがない感想。
あー、終わってほしくないなっ!!