アイスクリームと獅子

ただの記録です

カテゴリ一覧

*これは記事ではありません はじめに 徒想 本 ドラマ 音楽 映画 お笑い 日記

ぼおるぺん古事記

こうの史代さんの漫画、「ぼおるぺん古事記」について書きたい。 授業中に、先生がおススメとおっしゃっていて、とりあえず最初、一巻だけ買って読んだ。先生がおすすめしていたから、という理由で、古事記のことをあんまり知らなかったし、勉強のようなつも…

些細

生活の些細なミス。 例えば一枚のパンをトースターに入れて、お湯を沸かしてスープの粉末をスープカップに入れる。その間にお皿とバターを用意して、お湯が沸く。 お湯をカップに注ぐ、スプーンを出すのを忘れていたのでポットをもとにおいてから混ぜる。チ…

ズレ

なんか、いろいろズレてるんだよね。 中学生の時にやりたかったことは、高校生でできるようになったけど、やっぱり中学生の時にやりたかったし、高校生の時にやりたかったことは、今できるようになったけど、やっぱり高校生の時にやっておくべきだった。 誰…

anone 第1話 雑感

努力は裏切るけど、諦めは裏切りませんしね余命半年を宣告されたカレー屋の男が、最後に作ったのは、メニューにない焼うどん。名言なんていい加減、本当に。 死に場所を探していた最後の客と、ドライブへ行く。 画面は変わって、死体処理のアルバイトをする…

髪の毛

もう随分、髪の毛を切っていない。 私は5歳から常にショートカットだった。 高校生の時は、そのへんの男の子より短い髪をして、それが自分の存在を決定づけるものだと思っていた。 横の髪が顎のラインまで伸びたら、「あー、髪切りたい」と言っては、周りの…

2017年を振り返る

個人的今年の漢字は、っていつも考えるのだけど、私のこの一年は「再」かな。 2017年は再生の年だったように思うから。 高校生活は、無理やりに生きている感覚で、自分の気持ちもいつもよくわからなくて、周りに影響されまくっていたんだけど、そこから解放…

刑事ゆがみ 雑感

めちゃくちゃ好きなドラマだった。 羽生くんとゆがみのコンビ感が最強。 毎回毎回ゆがみに振り回される羽生の図。 やりとりも捜査も、色々奮闘するも結局ゆがみに一歩及ばない童貞羽生の図(笑) 結構毎回、重ためのテーマ性を持っていて、考えさせられる内容…

先に生まれただけの僕 雑感

いやぁ、いいドラマだったなぁ。 というしみじみ。 終わりが爽やか。晴れやかな気持ち。 なんか、リアルだなぁってところどころ思いながら見てた。ついこないだまで高校生だった身として。 ハッピーエンドで予定調和的に終わるのあんまり好きじゃないけど、…

未来を語る人間は輝く

村本大輔の大大大演説に行った。 東京国際フォーラムホールC、1500人のキャパシティのお笑いライブ、一階8列。 前回行った時andymoriの革命流してたけど、また今回もエンディングが良い。 My hair is bad の熱狂を終え。 「当たらない方を願うなんて なんか…

12月17日(日)

今日は朝バイトして、そのあと村本のライブに行くっていう予定だったんだけど、なんか年イチ楽しかったから書いておこう。 村本のライブは別で書くから細かく書かないけど。 東京国際フォーラムだったんだけど、開館まで2時間くらいあったから、丸の内をうろ…

穏やかなる

授業が終わって、学校から駅まで歩いているときに、とてつもなく不思議な感覚になった。 特別に何かをしたわけじゃないのに、胸のあたりがふわふわして、「なんとなく楽しい」時のような程度の軽い高揚感。高揚感というよりは、地に足つかない、けど心地いい…

IPPONグランプリ17.12.02雑感

テレビ番組の中で一番好きと言えるほど好きなIPPONグランプリ。雑感をば。 最初バカリズムがすごい速さで一本取っていくからあーもーだめかなこれって思ってたんだけど、あれ、千原ジュニアかなって思ったからの若さん。 (この番組で一番好きなのは若さんで…

andymoriの革命について書きたい

andymoriの革命という曲が良すぎるから書きたい。 この革命、聴けば聴くほど良さがようわかるスルメ曲だと思う。 とりあえず一度聞いて欲しい。andymori "革命" - YouTube 革命の意味を辞書で引くとこうだ。 ①被支配階級が支配階級を倒して国家権力を奪い取…

レインツリーの国

有川浩の「レインツリーの国」を、数年ぶりに読み返した。 感想というよりは、紹介したいと思って書いてる。 有川浩の小説は、本作と図書館戦争全6冊、県庁おもてなし課、植物図鑑、等々、まぁまぁ読んでいるのだけど、とても読みやすいんですよね。言ってし…

10/26ウーマンラッシュアワー村本大輔の独演会

まさか、初めて行くお笑いライブがウーマンラッシュアワーの村本さんになるとは、全く思ってもみなかった。 確か去年の、ENGEIグランドスラムでウーマンラッシュアワーの漫才を見た時に、心の底から「すげえ…」って思った。 ファンクラブっていうネタ。 こん…

金木犀

金木犀の香りがする季節になった。 小さい頃は、無条件にこの香りが好きだったけど、最近はそうでもない。 人との距離感が未だにわからない。中学の時は、誰かに距離を縮められるのが嫌だったし、誰かと極端に距離を近づけたいともおもわなかった。 幸い、そ…

special

人に名前を呼ばれるのが好き。 人に挨拶されるのが好き。っていう、とても当たり前のことを私は好きなんだなぁと、思ったんだけど、それはなんでだろうって考えると、 人に認識されているから っていうすこぶる後ろ向きな理由が返ってきた。 よくよく考えて…

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 感想

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?を観てきました。 結論から言うと、とても面白かったです。 「『君の名は。』劣化版だ」とか?「最大の駄作」とか?言われたからどんだけひどいんだろうって思ってたけど、全くそんなことない。 そんなこと言って…

秋の気候が始まると苦しくなる。 私は夏が一番好き、切ないから。 秋も切ないけど、そこに苦しさが加わってくる。 あぁ、夏がいない。 うだるようなあの暑さが消えてしまった。 あの苦しさの正体はなんなんだろう。 春も切ないけど、春はなんだか希望みたい…

クラブナイトには行かない

寝たくはないけど、やることは特にない。かといって本を読もうという気分でもない。絵を描くというのもちがう。 そうしてとりあえずつらつらと文字の羅列を打って、言葉にして、意味を作る作業をする。 文章を書くだけで、それだけで良いと思えていた頃は、…

SUNNY CAR WASHについて書きたい

私が一番愛している音楽はandymoriだっていうのを、詳しく語るのは良いとして。 andymoriっていうバンドは、私が知ったときには既に解散していた。 それがとてつもなく私の中では、いつも間が悪いというかなんというか、良いところで行き止まりみたいな。 「…

あの日と同じように

一人きり部屋の隅で生まれた情熱が あの日と同じように あの日と同じように andymoriの「ユートピア」と言う曲の一節。 3つ目のアルバム、「革命」に収録されている。andymoriといったら、私は何より1stと2ndのあの凄まじく尖った感じがとてつもなく好きな…

過保護のカホコ 第5話

過保護のカホコが私のツボを押しに押してきてしんどいので書きたい。竹内涼真さんは今まで知らなかったんですけど、すごくいい演技をしますね、ほんと。 説得力のある演技をする。麦野初が何を感じているのかよく伝わってくる。それとカホコのパパ役の時任三…

like

これが私の好きなものです! と、自信を持って言えるものがない。お笑いも音楽もドラマも本ももちろん好きだけど、なんだろう、ゼリーの上澄みだけすくって飲んで、美味しい!って言ってるみたいな。 そこはゼリーじゃねぇぞ、ゼリーはもっと固形っぽいとこ…

その人が漏れる

大人は、基本的に職業の皮を被っている。 私ももうすぐで成人するけど、それと大人になることとは、全然違う話。 私が見る大人は主に先生、テレビに映る芸能人の人々、運転手、電車に乗る人、スーパーとかの店員、他にも色々。 みんな、人間性なんかかけらも…

忍びの国 感想

3回も見てしまいました。「君の名は。」の2回を超えた。2回目泣きました。 とても良い映画だったなと思います。 軽めの文体です。 以下ネタバレ含みます まず思ったのは、大野智が声だけで演じることのできる役者だということ。 たとえば信雄(知念侑李)に迫…

神様のボート

早く死んでしまいたい。 だけど自分から命を絶つなんてしたくないし、生きているのなら何かの役に立ちたい。 葉子は、生きているのならあの人を思い浮かべて待つ以外の何も望んではいなかった。 「骨ごと溶けるような恋」をしたあの人を。 共感など一度もな…

ウエハースの椅子

お初の記事は、江國香織の「ウエハースの椅子」について。私はこういう本は好きだ。 こういう本、というのは、さしてストーリー性がなく、主人公の緩やかな生活を洗練された文で綴っていくような。それが死の匂いをさせているとなお良い。そこには美しさがあ…

はじめに

ここも見てね→このブログについて - アイスクリームと獅子ブログを始めるのは3回目です。物心ついた時から文章をずっと書いていて、書くために生きて、生きるために書く、っていう風に当たり前になっています。なのですが最近、あんまり自分の思うように書け…